サンジュエリー TopPage / 「2018年7月」の投稿一覧

昔の古い指輪やネックレスを、全く新しいデザインへ生まれ変わらせるジュエリーリフォーム。今、求められている理由をお話しします。

日本のジュエリー市場は、戦後の高度成長からバブル期を経て、急速な成長を遂げました。「お給料で本物のジュエリーを購入するのが一番のご褒美」「奥様へのプレゼントは価値の高い良質のジュエリー」ジュエリーは女性の憧れ、そのような時代でした。
そこへ襲ってきたのが1991年の「バブル崩壊」、その後の長期間にわたる不景気により、ジュエリー市場は縮小しました。

しかしながら、2009年の矢野経済研究所調査データによると、日本の成人女性の平均ジュエリー保有個数は13.3個と、持っていない人がいることを考えると、好きな人は20個や30個は持っていることになります。これまでに多く買ってきた方々がたくさんいるということです。
お洋服等のファッションほど激しくないものの、ジュエリーにもデザイン面で緩やかな流行というものがあります。保有している30年、50年前のものは、「そのまま使うにはちょっと古臭くて気が引ける」と思っているものもあると思います。
ジュエリーの最大特性は「永遠的価値」です。何年使っても品質価値が下がりにくい特性がありますので、母親から娘へ、お祖母ちゃんから孫へと、次の世代に受け渡すことができます。その時に古いデザインだと着けられないので、新しく作り替えて、娘や孫へ贈りたいと考えられています。

サンジュエリーは、大量生産した既製の枠を利用しない、その宝石に合わせて、設計をしていく、完全オーダーメイドのジュエリーリフォームです。あなただけのオリジナルを製作することも可能です。店内に製作工房があり、全ての工程を自社で行いますので、「製造会社→卸業者→販売店」のような中間マージンがなく、良いものを低価格でご提供することができます。
お見積りは無料です。「Aデザインだといくらで、Bデザインだといくらです」とご説明いたしますので、「する」「しない」はそれからお決めいただけます。

お持ちのジュエリーを持って、気軽にご来店ください。

 

ジュエリーリフォーム実績のページ

http://re-jewel.net/reformgallery/

日本の海で作られていることもあって、私たちの生活に身近な宝石である「真珠」。
冠婚葬祭で正装する場面や、入学式や卒業式などフォーマルに着飾る時に使われている、日本人によく似合うジュエリーです。
入学式や卒業式で、イミテーションを着けている方も多く見受けられますが、せっかく日本で作られていて世界に誇れるジュエリーですので、本物を身に着けてほしいと思うところです。

【色々な種類の真珠】
ゴールデンパール タヒチ真珠

【あこや真珠ネックレス】
福岡市 パールネックレス

福岡市 真珠ネックレス

玉の大きさ、形、キズの少なさ、巻きの厚さ、色味等の品質によって、価格帯は変わりますが、比較的お安く手に入れることも可能です。
サンジュエリーは、いつまでも美しく長持ちしてほしいので、真珠層の巻きが厚い、輝きを重視した真珠ネックレスを取り扱っております。

【真珠は日本人にとっても似合う】
真珠ネックレス

嫁ぐ娘に持たせたい。嫁いで来る娘に贈りたい。二十歳の記念にプレゼントなど、親から子へ贈る方も多くいらっしゃいます。

【真珠のペンダント】
南洋真珠 南洋パール ペンダント

【真珠のピアス】
南洋真珠 南洋パール ピアス

【真珠のブレスレット】
真珠 ブレスレット パール

【真珠の指輪とピアス】
真珠 リング 指輪 ピアス

様々な楽しみ方があります。

真珠から放たれる七色の光沢、深みのある高級感、皆さまのお洒落に本物の輝きを取り入れてはいかがでしょうか。