サンジュエリー TopPage / 「2019年5月」の投稿一覧

女性は、プロポーズの時、婚約指輪(エンゲージリング)を贈ってほしいと思っています。

『男性皆さんはプロポーズの時に婚約指輪を贈ろうと思っていますか?』

婚約指輪を「贈る必要性を感じない」と思っている男性が32.2%います。「ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ」
ダイヤモンド婚約指輪を購入したカップルは58.4%です。「矢野経済研究所 2015年度調査」

約4割の方が婚約指輪を贈る必要性を感じていなくて、実際に贈っていません。

ですが、婚約指輪を「欲しい」と回答した女性は84.8%とほとんどの女性は贈ってほしいと思っているのです。「ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ」

女性の84.8%が婚約指輪が欲しいと思っています。

ですが、婚約指輪を「欲しい」と素直に言えずにいる女性が約70%います。「ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ」
もしかして、あなたは彼女から「結婚準備でこれから大変だから、婚約指輪は無しでもいいよ。」と言われていませんか?それは本心ではないかもしれません。

■婚約指輪の購入理由(女性の回答)「ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ」を見ると、
「プロポーズの際に夫が贈ってくれた」      48%
「けじめとして夫が贈ってくれた」        43%
「昔からもらうことが当たり前と思っていたから」 17%

このように女性は、プロポーズの時に婚約指輪を贈ってもらえるのを実は待っています。ですから、

男性が、これから長く共に歩んでいく誓いを婚約指輪で表現するのです。

婚約指輪は、婚約の時にだけ身に着ける指輪ではありません。現在のデザインは普段使いしやすいものが多く、日常のお洒落で着けることができます。

二人でお揃いの結婚指輪(マリッジリング)も準備されると思いますが、それに合わせてダイヤモンドの婚約指輪を持っていることで、将来のお子様の入学式や授業参観などの学校行事や、お友達の結婚式や披露宴へ招待された時など、様々な場面で重宝するアイテムになります。ダイヤモンドやプラチナ・ゴールドなどの貴金属は、何十年経っても使えるものですから、

一緒に時を刻む大切な婚約指輪(エンゲージリング)になるのです。

今はジュエリーに興味のない女性であっても、5年後、10年後に着ける場面が増えた時に「いただいていて良かった」となると思います。

■婚約指輪の決定者(女性の回答)「ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ」を見ると、
「夫」   40%
「2人で」  35%
「妻」   23%

選ぶ側の男性に不安はありますが、贈ってもらった女性の満足度は93.5%(ゼクシィ調べ)と、婚約指輪のデザインだけではなく、男性がけじめと覚悟で選んでくれた気持ちが嬉しいのです。

あなたが選んだ婚約指輪(エンゲージリング)でプロポーズしませんか。

福岡市城南区別府、受注製作・オーダーメイドスタイルのサンジュエリーにご相談下さい。

福岡市,エンゲージリング,婚約指輪

プロポーズを控えた男性に読んでほしい記事を書きます。婚約指輪(エンゲージリング)について、知っておいてほしいこと、後から後悔しないための情報を、数回に分けて書いてまいります。

多くの女性は、プロポーズの時の婚約指輪を夢見ています。
指輪は婚約の時だけではなく、様々な場面で必要な共に過ごす「アイテム」
誓いを込めて、最高の婚約指輪(エンゲージリング)を贈りませんか?

【婚約指輪の由来】
それは紀元前1世紀の古代ローマ時代にまでさかのぼります。その時代の婚約の儀式で鉄の輪を贈っていたことから始まったと言われております。
日本では第二次世界大戦後から西洋文化が入ってきて、高度成長期で豊かになり始めたことを背景に、婚約の時にダイヤモンドの指輪を贈るようになりました。1950年後半から始まった仕来りが、今の時代でも婚約の「約束の証」として続いています。

【ダイヤモンドリングを贈る理由】
①地球上に存在する一番硬い鉱物であり「堅い絆」の象徴である。
②いつまでも美しく輝きを放つことから「永久の愛」のシンボルとされる。
③ダイヤモンドは無色透明であることから「純粋無垢や清廉潔白」を意味する。
婚約指輪にふさわしい特質を持つ「ダイヤモンド」が選ばれています。

婚約指輪(エンゲージリング)は、プロポーズをする時に男性が女性に贈る指輪です。
男性が事前に購入して準備をしておく必要があります。
ですが、ジュエリーに興味がない全くわからない男性が選ばなければならない、ジュエリーショップに入るのが恥ずかしい等、購入するまでたいへん億劫に感じます。
課題はそれだけではなく、プロポーズの後、一生身に着ける指輪になりますので、女性に気に入ってもらえるように注意して選ばなければならないですし、女性のご親族にも報告されますので皆さんに納得いただける指輪でなければなりません。

そこで、これまで数多くのプロポーズを控えた男性に婚約指輪を提案してきた実績や、私自身が結婚する時に感じた経験から、「成功するプロポーズに贈る婚約指輪」について、お話いたします。

 

エンゲージリング,婚約指輪,福岡