サンジュエリー TopPage > サンジュエリー福岡別府店オフィシャルブログ > 【男性必見】最高の婚約指輪(エンゲージリング)を贈ろうPart2

【男性必見】最高の婚約指輪(エンゲージリング)を贈ろうPart2

女性は、プロポーズの時、婚約指輪(エンゲージリング)を贈ってほしいと思っています。

『男性皆さんはプロポーズの時に婚約指輪を贈ろうと思っていますか?』

婚約指輪を「贈る必要性を感じない」と思っている男性が32.2%います。「ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ」
ダイヤモンド婚約指輪を購入したカップルは58.4%です。「矢野経済研究所 2015年度調査」

約4割の方が婚約指輪を贈る必要性を感じていなくて、実際に贈っていません。

ですが、婚約指輪を「欲しい」と回答した女性は84.8%とほとんどの女性は贈ってほしいと思っているのです。「ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ」

女性の84.8%が婚約指輪が欲しいと思っています。

ですが、婚約指輪を「欲しい」と素直に言えずにいる女性が約70%います。「ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ」
もしかして、あなたは彼女から「結婚準備でこれから大変だから、婚約指輪は無しでもいいよ。」と言われていませんか?それは本心ではないかもしれません。

■婚約指輪の購入理由(女性の回答)「ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ」を見ると、
「プロポーズの際に夫が贈ってくれた」      48%
「けじめとして夫が贈ってくれた」        43%
「昔からもらうことが当たり前と思っていたから」 17%

このように女性は、プロポーズの時に婚約指輪を贈ってもらえるのを実は待っています。ですから、

男性が、これから長く共に歩んでいく誓いを婚約指輪で表現するのです。

婚約指輪は、婚約の時にだけ身に着ける指輪ではありません。現在のデザインは普段使いしやすいものが多く、日常のお洒落で着けることができます。

二人でお揃いの結婚指輪(マリッジリング)も準備されると思いますが、それに合わせてダイヤモンドの婚約指輪を持っていることで、将来のお子様の入学式や授業参観などの学校行事や、お友達の結婚式や披露宴へ招待された時など、様々な場面で重宝するアイテムになります。ダイヤモンドやプラチナ・ゴールドなどの貴金属は、何十年経っても使えるものですから、

一緒に時を刻む大切な婚約指輪(エンゲージリング)になるのです。

今はジュエリーに興味のない女性であっても、5年後、10年後に着ける場面が増えた時に「いただいていて良かった」となると思います。

■婚約指輪の決定者(女性の回答)「ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ」を見ると、
「夫」   40%
「2人で」  35%
「妻」   23%

選ぶ側の男性に不安はありますが、贈ってもらった女性の満足度は93.5%(ゼクシィ調べ)と、婚約指輪のデザインだけではなく、男性がけじめと覚悟で選んでくれた気持ちが嬉しいのです。

あなたが選んだ婚約指輪(エンゲージリング)でプロポーズしませんか。

福岡市城南区別府、受注製作・オーダーメイドスタイルのサンジュエリーにご相談下さい。

福岡市,エンゲージリング,婚約指輪